七輪炭火焼き:園田すみび焼きこだわりそうざい

七輪炭火焼き:園田すみび焼きこだわりそうざい

七輪炭火焼き:すみびやき園田こだわりそざい

厨房から美味しい料理の旅は始まりません。それは農民が食料源を育てて栽培するところから始まります。美味しくて食欲をそそるステーキは、牛の世話をすることで最初の一歩を踏み出します。これらの牛は、肉が柔らかく風味豊かであるために、農場の所有者から最大限の注意が払われています。 

牛に与えられたすべての草は、その肉の風味と食感に影響を与えるため、七輪炭火焼きは、新鮮な肉の材料を入手するのに最適な農場を選択するようにしています。当店の焼肉店では、店主が厳選した厳選牛肉を使用しています。 

牛肉は九州の名物ブランドからしか手に入らない。豊後牛と鹿児島黒牛はどちらも、この地域で最高のブランドとしての評判を証明しています。そうは言っても、当店は美味しい料理に使われている食材の由来を大切にしていることがわかります。 

農場から食卓まで:料理の旅

幸せな家族

最高の焼き牛肉料理を作る際には、和牛のみを使用しています。しかし、それは和牛だけではありません。園田すみび焼きの和牛は、敬意と愛情を込めて扱われます。それぞれに名前があり、農家はまるで家族の一員であるかのように育てています。 

和牛の繊細で上質な味わいは、農家が一頭一頭愛することに尽力したおかげです。

和牛はどのように育てられますか?

各和牛は、生まれてから7〜10か月後に納屋に滞在する必要があります。その後、子牛は市場で競売にかけられます。オークションにかけられると、出荷前に最大700kgまで肥育されます。子牛はまだ若いので、代用乳を手で与えます。一部の農場では、天候が冷えすぎると子牛にジャケットを着せます。

スミビヤキ園田農場内では、各子牛が放し飼いの野原に設置され、芝生の上で自由に放牧されています。これは、大規模な給餌場と比較して、子牛にとってはるかに優れたストレスの少ない環境です。 

草は重要ですか?

多くの人が和牛が食べる食べ物が肉の風味に影響を与えるという事実を無視することがよくあります。ほとんどの場合、牛は草や稲わら、その他の濃縮物で作られた粗飼料のユニークな混合物を与えられます。それらは全作物サイレージを使用して給餌されます。混合物のこの部分は、霜降りを可能にし、肉の脂肪を白く着色します。 

健康な子牛のための放牧

すべての繁殖牛と妊娠牛は、子牛を安全に放牧できるように放牧場に入れられます。母親はまた、出産時に体が弱くなることがないように、囲いの周りを歩く時間が与えられます。 

ついに発売開始いたします!!

ついに発売開始いたします!!

ついに発売開始いたします!!

実は3カ月ほど前のこと。

大分のシティ情報誌

「シティ情報おおいた」の編集部から連絡を頂きました。

「玖珠町を代表する食材である(お米)を最大限に美味しく食べることができる

(七輪炭火焼その田)だけのメニューをご提案くれませんか?」

当然のことながら

焼肉には白いごはん!と言われるお客さまも多く

当店でも断トツの御注文を頂いております。

 実は平成天皇の即位の際、

抜穂の儀のために東の悠紀斎田には

秋田県南秋田郡五城目町の『あきたこまち』が選ばれ、

西の主基斎田には、

大分県玖珠郡玖珠町大字小田の穴井進さんの『とよむすめ』が献上されるという栄誉もありました。

両地域とも古くから米所であり、

古語で言う国を統治するいう言う「食(お)す国」の名をはせている米所でしか行われません。

それに玖珠町と五城目町が選ばれたと言うことは、疑いもなく美味しい米であるという事の証であります。

玖珠町のお米は美味しいということで

県外でも「ブランド米」としてあつかわれています。

私が地元玖珠町で

飲食に携わるようになって一番気を使っていることの一つに

お米の取り扱い、そしてご飯の炊き方です。

毎年、この時期になりますと

あちこちで「新米」が出回ってまいります。

もちろん新米は収穫してそれほど時間もたっておりませんので

つや、粘りとも格別で

特になんのおかずもいらないほどに

美味しいものですよね。

日本人に生まれてよかった~と思える時期でもございます。

ただそんな新米の時期の美味しさを仮に100点としますと

月日がたつにつれて水分がとんでいき

春先にはほぼ70点、夏場に向けてはそれ以下に・・・と食味は下がる一方です。

そんななか、私の思いには

「どうにかして、この玖珠の美味しいお米を

一年中いつも美味しい状態でお客様にご提供できないものか?」

ということを考え、またいろんな試みを行ったうえで

「その田」ではお米に対して次のようなことを行っております。

玖珠町の中でも限定された地区の生産者から

当店で1年間使用する量を確保してもらい

玄米の状態で一定温度の倉庫にて保管してもらい、いつも精米したてのお米を届けてもらっています。

そのお米もお米の旨みを測定する機械で

お米の旨み成分を含む「旨み層」と

お米の水分とタンパク質のバランスの2種類を測定してもらい

どちらも平均水準を上回るものだけを使用しております。

もちろんそれだけではありません。

お米を最大限に美味しく炊くために

洗米には超音波式の洗米機を使用し

泡の力で一粒ひとつぶを完全に研ぎあげ

磁気の力で水のクラスターを整えた水に決められた時間、浸漬し

強い火力で炊きあげております。

そして今回、こんなに美味しい100%玖珠産の「ひとめぼれ」を使って

「七輪炭火焼 その田」がご提供するメニューは・・・

 『黒毛和牛サーロインステーキ重』です!!

「BUNGO食べ歩きBOOK」の279ページに掲載された記事は以下の通りです。

お客様にお知らせです。

お客様にお知らせです。

お客様にお知らせです。

更新が非常にご無沙汰になっており
お客様には大変ご迷惑をおかけしております。

御存じの通り、本年度4月1日より現状の消費税5%から8%引き上げに伴い
大変恐縮ではございますが、メニューを改訂させて頂きました。

この度改訂したメニューはお品書きの方にアップさせて頂きましたので
ページをクリックいたしますと拡大されます。
どうぞご確認くださいませ。

お客様にはなにかとご迷惑をおかけいたしますが
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう
お願い申し上げます。

七輪炭火焼 その田
店主 園田 能丈

秋冬にぴったりのメニューを追加致しました!

秋冬にぴったりのメニューを追加致しました!

寒い時期にぴったりな、あったかメニューの登場です!

すっかり肌寒さが増してきたこの季節。 身体の芯から温まるメニューをご用意いたしました。

★ サムゲタン(参鶏湯)セット

若鶏に高麗人参、干しナツメ、栗、もち米等を詰めて

じっくり煮込んだ 滋養たっぷりな健康食のスープです。

特別な味付けは一切せず、お好みで塩と胡椒で調整して下さい。

通常は1羽まるごとを2~3人で取り分けて食するところ

お一人様でも食べやすくハーフサイズに仕上げました!

サラダ、キムチ、小ライス付きで通常1280円 ランチタイムは1180円です!

★ 韓国風チゲセット

ピリッと辛いスープに豆腐、キムチ 豚肉、ウインナーに

野菜を煮込んだプデチゲ風

辛口のスープで身体の芯からあったまりますよ!

サラダ、ライス付きで通常880円 ランチタイムは780円です!

★ 石焼きビビンバに新トッピング追加!!

「その田」一番人気の石焼きビビンバ。

大豆モヤシ、ゼンマイ、大根、小松菜のナムル(韓国風和え物)と

牛肉そぼろ、温泉玉子をトッピングし 特製のビビンバソースで

しっかり混ぜて良く焼けた石鍋でお焦げを作りながら召し上がるのが

常連様のお気に入り。

若い方に人気の「マヨ明太ビビンバ」と「キムチーズビビンバ」

辛子明太子とマヨネーズの組み合わせと

きざんだ白菜キムチに細切りチーズのコラボレーションは どちらも新しい味わいです。

通常850円 ランチタイムはサラダ付き750円です!

またボリュームたっぷりの肉系ビビンバ

「カルビ石焼きビビンバ」と「豚キムチビビンバ」

下味を付けごま油で香ばしく炒めピリ辛ダレで味付けた

和牛カルビスライスをトッピングした「カルビ石焼きビビンバ」と

豚バラスライスとキムチを炒めた豚キムチをトッピングした 「豚キムチビビンバ」

どちらも満足できるボリュームです!

「カルビ石焼きビビンバ」通常980円 ランチタイムはサラダ付き880円

「豚キムチビビンバ」通常880円 ランチタイムはサラダ付き780円

是非一度ご賞味下さいませ!!

七輪炭火焼その田 改装周年記念!!

七輪炭火焼その田 改装周年記念!!

七輪炭火焼その田 改装周年記念!!

こんにちは。「七輪炭火焼 その田」店主の園田でございます。

今月14日をもちまして、「七輪炭火焼 その田」は満4才となることができました。

これもひとえに、日ごろより「その田」を可愛がってくださる皆様のお陰であると、

スタッフ一同、感謝の気持ちでいっぱいでございます。

これを機に初心にたちかえり、みなさまに喜んで頂けるお店となるよう

精進していく所存でございます。

今後とも何卒「七輪炭火焼 その田」をよろしくお願いいたします。

現在、我が大分県が誇る黒毛和牛といえば「Theおおいた豊後牛」というブランドですが、

大分県の豊後牛生産量のおよそ3分の1を我が玖珠郡で生産しております。

そこで現在、玖珠町と玖珠九重農協の共同プロジェクトとして

「玖珠農畜産物ブランド協議会」というものを設立し、

地元で生産された農畜産物を地元の方々をはじめ広く皆様に味の違いを確認して頂き

さらに地産地消を確立しようというものです。

当然のことながら、私どものお店も玖珠町で

黒毛和牛を主体としてご提供させて頂いている中で

この事業に共鳴し、同じく大分産和牛「Theおおいた豊後牛」

ならびに「豊後玖珠牛」の取り扱いを進めております。

そこで、今回は「七輪炭火焼その田」の生誕祭という事も含め

地元で生産された「豊後玖珠牛」をたっぷりご賞味いただきたい、

他の県の黒毛和牛との違いをしっかりと食べ比べて頂いた中で、

改めて「豊後玖珠牛」の美味しさをご確認いただきたいと思い

今まで当店で主に扱ってきた「佐賀牛」(佐賀県産和牛を含む)と

「豊後玖珠牛」のほぼ同等級、同部位での味比べ企画を立てました。

その名も・・・

「豊後玖珠牛 VS 佐賀産和牛のロース対決!!」

と言う事で今回ご提供する「豊後玖珠牛」は

玖珠町で生まれ玖珠町で育った純粋な豊後玖珠牛の雄(去勢)牛で、

肉質等級A-4のロースでございます。個体識別番号(0247574791)

対する「佐賀産和牛」は佐賀県は武雄市で生まれ

唐津市で育ったこれまた生粋の佐賀県産和牛で

こちらはメス牛の肉質等級は同じくA-4のロースでございます。個体識別番号(0246252553)

去勢とメスという事で性別の違いも若干はございますが

どちらもほぼ同等級のもので、同じ条件で食べ比べて頂いて

お客様の舌でその味の違いを確かめてくださいませ!!

通常「豊後玖珠牛ロース」1枚150g 2800円と

「佐賀産特選ロース」1枚150g 2580円の2枚で5380円のところ・・・

 今回は「炭火焼その田生誕祭」という事で・・・期間限定!!

  3500円にてご提供させて頂きます!!

ただし、残念ながらお客様のご注文をお断りしなければならないかもしれません。

今回ご用意したお肉は「豊後玖珠牛VS佐賀産和牛ロースセット」60セット。

「豊後玖珠牛焼肉盛合せ」に至っては、たったの50セットしかございません。

できるだけ皆様にご賞味いただけるように、期間を限定させて頂きました。

ですが、期間中でも品切れした時点で販売を中止させて頂かなくてはいけません。

次回、この企画をお届けできるのかどうか、正直自信がありません。

それほどに私共が自信を持ってお得意様のあなたにご賞味して頂きたいと思っております。

なくなってしまう前に、是非あなたの舌でお試しください。

ご予約は今すぐお電話で!   0973-72-5757

ご提供期間:6月30日(木曜日)

追伸  本当にこれほどのセットは次回ご用意できるか、お約束ができませんので、

    ぜひご予約をされてお越し下さいますよう、お願いいたします。

 尚、誠に勝手ながら6月8日(水)15日(水)

22日(水)29日(水)は定休日のためお休みさせて頂きます。

    何卒、ご了承くださいますよう、お願いいたします。

Theme: Overlay by Kaira